前へ
次へ

おいしい食は健康的になれる

「おいしい」という言葉は、幸せの合い言葉ともいわれています。食事に連れて行くと「おいしい」とパクパク幸せそうに食べるのなら、連れてきた甲斐があり、奢ってしまう年輩者の声もあるほどです。四季折々の旬を頂く、それだけなのに、栄養素が高い旬のもので健康的になれます。特に、おいしい時期となるのが「秋」でしょう。秋刀魚も秋らしさがあり、七輪で皮をパリッと焼き、さっぱりする大根おろしで味わうのも乙なものです。魚の脂は良質な脂ですからカロリーを気にせずに頂きましょう。秋茄子は嫁に食わすなともいわれるほど、おいしい秋野菜ですが、一説によれば秋茄子は冷えやすい野菜で、お産間近のお嫁さんの身体を気遣ったために発した言葉なのだそうです。秋においしいのはキノコもあります。意外ですが、子供の苦手なものには「しいたけ」もランクインしているのだとか、しかしキノコはガン細胞に働きかける野菜、健康にもなれます。おいしいものには、それなりの理由が沢山あるのも事実です。

Page Top