前へ
次へ

安全に食べたいなら保存も大切

品質を損なわないためには、衛生的に保存しなければなりません。包装して冷蔵庫に入れるなど、低温で保存しなければならない食品が圧倒して多いけれど、室温で保存できる・室温で保存したほうがいい、こうしたものもあります。冷蔵庫で保存しても、品質は低下してしまいます。冷凍ならば、腐ることはないですが、葉物野菜などは乾燥したり、肉や魚などは解凍した際にドリップが出たり、口触りがイマイチという状態になりがちです。適した保存があることを知っておきましょう。室温による保存となるのは、乾物です。干ししいたけ、昆布などは密封できる袋に入れて、冷暗所で保存しましょう。芋や玉ねぎを冷蔵庫に入れていないでしょうか。新聞紙やネットで、室温で保存が可能です。ホームフリージングで適している食品は、米飯、パン、餅です。1回に使用する分を薄い形にまとめ、空気に触れないようにしっかり密封しましょう。適さないのは、野菜、果物、豆腐などです。

Page Top