結婚

結婚の考え方と将来への準備の必要性について

結婚は全くの他人であった二人がこれからの人生を共同で生きていき、お互いが助け合って独身の頃よりもスムーズに生活が送れるようにするシステムとも言えます。
恋愛から結婚という流れでは、お互いが好き合って、その感情を満足させるということや、子供を作り家庭を築くということ、子孫を残し、繁栄させていくなどの結果を残すということが目的になります。
そこには感情の満足と利害関係などが複雑に絡みあい、自分の都合の良いイメージや理想像が実現するという安易な考え方もあります。
しかし、現実は自分の好きなようにはいかないということなどもあり、本来願っている姿ではない夫婦関係が結果として残ります。
それが妥協できる範囲であれば、あきらめや、新しい夫婦のあり方などを目指して家族で生きていけますが、そうでない場合には、妥協できないということでそれぞれ別な道を進むということにもなります。
そうなると時間やお金、感情的な損失は計り知れません。

について